平成30年度東海ブロック商工会議所青年部連合会親睦交流会 その1

こんにちは!総務・広報委員会です!

 

8月25日(土)、ついに開催された「平成30年度東海ブロック商工会議所青年部連合会親睦交流会」!

東海ブロック各地から大勢のYEGメンバーの皆様にご参加頂きました。

また、松阪YEGメンバーの皆様には、半年間にわたる準備に奔走して頂きました。

松阪YEGの本年度一大事業、皆様のご協力のおかげで開催出来ましたことを、心から御礼申し上げます!

 

さて、当記事から次回の2回に渡り、当日のレポートをお届けします。

 

当日は4種のコースに分かれて、松阪の魅力を体験して頂くプログラムを開催。

最後は松阪の「華王殿」に集合し、大懇親会が開かれました。

各プログラムについては、現在画像の収集、報告内容の整理を進めておりますので、当記事では大懇親会の模様をお届けします。

 

着々と準備を進めてきた大懇親会。

まずは松阪YEGのOG庄司愛さんも所属する松阪太鼓がお出迎え。

 

 

迫力満点の演舞に続き、300人を超える参加者による乾杯の発声で宴は始まりました。

 

 

宇野会長・竹川出向理事がビールサーバーを背負ってホストを務めました。

 

 

平井専務理事もコップに旗に大忙し。

…旗、いる?(笑)

 

そして、10月19日(金)・20日(土)に開催される一大イベント!

日本商工会議所青年部第31回東海ブロック大会

飛騨高山大会

まずは、高山YEGのメンバーがズラリと並んで、飛騨の祝い唄「めでた」を披露。

 

 

「Go!Ready!Go!」の横断幕を手に、力強いPRをして頂きました!

 

 

さらに、この後サプライズゲストが登場!

なんと重盛さと美さん率いるLLSが来てくれました。

 

 

めちゃ○け世代には、たまらないんでしょうね。

いいおじさんたちが、大盛り上がりでした。

会長もご満悦☆

 

 

もちろん食事も楽しんで頂きました。

松阪名産の牛肉や鳥肉を堪能しながら、親睦を深めましたよ。

 

 

大懇親会前のプログラムから参加されていたメンバーの方々は、より交流を深められたのではないでしょうか。

皆様の笑顔を拝見し、飛騨高山大会につながる交流会にできたと感じました。

ご参加頂いた皆様、準備して頂いた皆様、重ねて御礼申し上げます!

 

次回は大懇親会前に開催された4つのプログラムのレポートをお届けします。

 


告知

松阪YEGでは、ホームページで公開している活動報告の最新記事をFacebookでお知らせしています。

松阪YEGの日々の活動から、お役立ち情報まで、月数回配信いたします。

この機会にぜひフォローお願い致します。

Facebookページはこちらから


 

 

開催迫る!東ブロ親睦交流会!…の決起大会

こんにちは!総務・広報委員会です。

いよいよ今週末25日(土)に迫ってまいりました。

 

平成30年度東海ブロック商工会議所青年部連合会親睦交流会

 

一大イベントに向けて最終全体会議&決起大会を行いました!

まずは会長挨拶。

できたての松阪YEGポロシャツ着用で。

 

 

各分科会、準備に余念がなく、相談にも熱が入ります。

楽しませる気も、楽しむ気も満々!

 

ゴルフコース担当

 

ぶらり松阪市体験コース担当

 

企業視察コース担当

 

修行コース担当

 

懇親会担当

 

写真では何の分科会かわかりにくいですが…(笑)

 

懇親会で皆様に付けて頂く名札も着々と出来上がってきています。

 

 

松阪といえば…のアレも準備万端!

 

 

開催まであと2日!

皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております!

 

【倶楽部活動】ライフハッククラブ 活動報告

こんにちは、ライフハッククラブです。

8月4日(土)に徳和地区市民センターにて、

鉄球作って、スライム作り!~これがあなたの自由研究~

を開催しました。

今回はなんと…家族参加OKな夏休み自由研究バージョンです!

 

準備物も過去の最多記録を大きく更新!

松阪YEGのワクワクさん(部長)、本人がワクワクしています。

まずは集まってくれた子供たちにワクワクさん(部長)からご挨拶。

ちなみにゴ◯リはいません。

 

 

肝心の自由研究ですが、まずはこれ!

子供達に話題の「アルミホイルで鉄球作り」!

 

めっちゃ長〜〜〜〜〜いアルミホイルを一気に

 

ダーーーーッ!!(笑)

 

それを丸めて丸めて…

 

 

こんな球体にします。

 

 

それをパパと一緒にトンテントンテン…

当日は時間の都合もあり、ここで持って帰ってもらいましたが、コツコツ叩いて、最後にヤスリで磨いて仕上げると、ピッカピカの鉄球が出来上がります!

夏休み明けに誰か完成版を自由研究として出してくれないかな〜。

 

詳しいやり方はこちらから

アルミホイルの玉の作り方!ピカピカに磨くコツやつなぎ目の消し方は?

 

さて、お次はこちら!

これまた子供達に話題の「スライム作り」!

 

色水と洗濯のり、そしてほう砂を混ぜ合わせていきます。

マゼマゼしていくと…

 

 

おっ!固まってきたかな?

これで完成でもいいんですが、今回は出来上がったスライムに、シェービングクリームを投入して…

 

 

白いウン…もとい、フワフワのマシュマロスライムを作りました。

 

詳しいやり方はこちら

簡単なスライムの作り方|材料・分量・手順とホウ砂なしで作る方法も!

 

最後はみんなで写真をパシャリ。

 

他にも水風船をプレゼントしたり、割れないシャボン玉を作ったり、おまけ的な遊びを交えながら楽しい時間を過ごしました。

 

主な材料が日用品なので、それをムチャクチャにできるっていうのは子供達にとっては夢の時間みたいです(笑)

マットも敷いておいたので、でんぐり返りしたり…キャーキャー言いながら遊んでくれました!

 

あと、作り方の説明をしている時に、子供たちから「知ってる〜〜〜!」の声が…。

「なんで知ってるの?」って聞いたら、「YouTubeでみた〜!」ですって。

やっぱり現代っ子ですね(笑)

 

みんな後片付けもしっかり手伝ってくれましたよ〜。

参加して頂いたご家族の方々、またご協力頂いた大人の皆さんもありがとうございました!

 

 

またやろうねっ!

 

 

 

 

11月11日(日)フォトロゲイニング開催します!!!

おはようございます。

地域・交流委員会です(^^)/

私たち、委員会が担当させて頂く例会が

11月11日(日)の日に松阪初となる、

フォトロゲイニングというスポーツを開催させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このフォトロゲイニングを通して、松阪の良さや、競技の楽しさなどを

感じて頂ければと思います。

 

たくさんのご参加お待ちしております!!!

 

PS.詳しくはHPに

フォトロゲイニング松阪2018 ~松阪まち探検~(三重)3h

 

地域・交流委員会の活動報告

おはようございます。

我々、地域・交流委員会の最近の活動報告~(^o^)

5月担当例会を終え、2回目の担当例会に向けて活動しております!!!

先日、11月例会の案内をメンバーで仕分けしました。

近々、各自治会・小学校に配布予定です。

お楽しみに♬

 

 

 

つづく。

 

 

【連載】委員長、出番ですよ!(第5回)

 

こんにちは!総務・広報委員会です!

 

記録的な猛暑。予想外のコースを辿る台風。

まさに異常気象が続く中、皆さんお仕事お疲れ様です!

 

さて、今回の「委員長、出番ですよ!」は今月17日に8月例会を控えている経営・研修委員会の委員長にインタビュー!

 

 

―――――――――――――――――――――――

経営・研修委員会

青木 秀人 委員長

委員会テーマ:Failure teaches success 〜だから、やってみよう〜

生年月日:1978年9月14日

出身:三重県松阪市飯南町(旧飯南郡飯南町)

職歴:某証券会社 → まごころあふれる整骨院

―――――――――――――――――――――――

医療系委員長にインタビュー!

 

すべてのキッカケは「ありがとう」

- いつも治療でお世話になっております(笑)
整骨院を開業される前は、証券会社勤務だったんですね。

(青木委員長)
そうなんです。

福井県の高校を卒業してから、東京の大学へ進学して。

そのまま東京で証券会社に入社しました。

 

- 高校が福井県?
部活動か何かの推薦ですか?

(青木委員長)
いやいや、通っていた飯南中学の姉妹校が福井県にありまして、毎年1〜2名の募集枠があるんです。

閉鎖された田舎を出て、外の世界を見るにはいい機会かな、と思って進学を決めました。

 

- さらに大学では東京に出てみた、と。
証券会社ではどんなお仕事をされていたんですか?

(青木委員長)
営業職です。

正直、楽しいと思ったことはなかったですね。

ノルマを追ってるだけで、ストレスしかなかった、

 

- 何が一番辛かったですか?

(青木委員長)
報われてる実感がないんです。

お客さんに損をさせて「すいません」と言う。これは当然。

でも儲かっても、「ありがとう」って言われることは少ないんです。

謝ってることの方が圧倒的に多かったんですね。

 

- そんな中、転職を決めたキッカケは何だったんですか?

(青木委員長)
実家に帰った時に母親にマッサージしたら「ありがとう」って言われたんです。

小さなことですけど、やっぱり「ありがとう」って言われると嬉しいんですよ。

「ありがとう」って言ってもらえる職に就きたいと強く思った瞬間でした。

 

柔道整復師を選んだのは、家業が医院だったこともあって、医療関係に興味があったんです。

あと、サラリーマン生活に辟易していたんで、開業できる職を前提に考えました。

 

背中を押してくれたのは…

- その後、国家資格を取得して、松阪で開業されたわけですが、松阪YEG入会のきっかけは?

(青木委員長)
患者さんが宇野現会長の知り合いで、「松阪で商売するなら商工会議所に入っておいた方がいいよ」って、宇野さんを紹介してくれたんです。

2016年12月に入会して、

1年目=総務・広報委員会

2年目=交流委員会

今年で3年目になります。

 

- 宇野会長とは入会後に親交を深めたんですか?

(青木委員長)
1年目の室長が宇野さんで、2年目も直属の副会長が宇野さんだったんです。

とはいえ、宇野さんには飲み会で一番可愛がってもらいましたけどね(笑)

 

- 委員長指名の際、宇野会長からは何と言われましたか?

(青木委員長)
食事に誘われて、「委員長やって」って。

まぁ、宇野会長は1時間遅刻してきましたけど…。

 

- …そのまま書いておきますね(笑)

(青木委員長)
その時は、「少し考えさせてください」と言って帰りました。

家に帰って、妻に相談したら「私もサポートするからやってみなよ」って背中押してもらって決めました。

 

- 素敵な奥さんですねっ!

 

「やりたいこと」と「やるべきこと」

- 委員会テーマはどうやって決めたんですか?

(青木委員長)
僕の場合は、もともとやりたいことがあったので、それを経営・研修委員会でやるにはどうしたらいいかを当てはめていきました。

 

- やりたいこと?

(青木委員長)
ネグレクトの子供たちを助けたい。

ある患者さんから「松阪市にもネグレクトで1日1食(給食)しか食べられない子供たちがいるんだよ」って話を聞いて、ものすごくショックでした。

ネグレクトが初めて生々しく聞こえたんです。

子供たちを救うことは、未来の松阪の経済を救うことになる。

救った子供たちが、少しでも松阪を好きになってくれれば…。

これが原点です。

 

- 確かに委員会テーマとして落とし込むのが難しそうですね。

(青木委員長)
委員会はメンバーのためにならないといけない。

うちの委員会だと、メンバーさんが経営のことを学べないといけない。

でも僕は子供を救いたい。

 

そこで経営において集客の重要性に着目しました。

委員会の活動の中で、子供をターゲットとした催し事を企画する。

それに子供たちを集めることを通して、集客を学んでもらう。

その副産物として、集まった子供たちを救う。

たとえ救う必要がなくても、松阪を好きになってもらうことに意味があると思っています。

 

- 人の集め方を学ぶ、ということですか?

(青木委員長)
経営の大部分は「人を集めること」です。

集客も人集め、求人も人集め。

経営としての人集めは「人を集めること全体の戦略を練ること」だと考えています。

 

例えば新規店舗をオープンするとします。

まず、チラシを何枚撒いて、飛び込み営業を何件する。

その結果、何人くらいの人が来てくれる。

そのためにはスタッフが何人必要。

その他の要素も含め、計画をトータルで数値化して戦略を練ることが必要なんです。

 

そして、いくら綿密な計画を立てても、周囲に伝えないと実現しません。

伝えなければ、机上の空論です。

伝えるためには、人と人との繋がりが必要不可欠。

この「伝え方」を年間通して重視していきたいと考えています。

 

「心」を伝える

- 例会テーマで学ぶ「企業の心」について教えてください。

(青木委員長)
例えば、「自社の業種だからその仕事をしている」と、「〇〇のためにその仕事をしている」というのは全く違う。

「何のために」「誰のために」というのが心であり、企業理念だと思うんです。

これは経営を行う上での最も根幹となる部分だと考えています。

 

講師の井口氏はあみやき亭などのCMを手がけられている方です。

井口氏には患者さんの紹介でお会いしたんですが、

「クライアントが最も大切にしている心を大事にしている」

「それを自ら学んだ上で、戦略を考える」

という言葉に感銘を受けて今回の例会講師をお願いしました。

講師の過去事例を参考に、事業所としての心(=想い)を考え、伝えたい相手に周知して動いてもらう方法を学びます。

 

経営者の大切にしている心を効果的に周知させることで、その企業が本当に求めている人材や顧客を集めることに繋がると考えています。

 

- 楽しみにしています!ありがとうございました。

 

ちなみに、懇親会には井口講師も参加して頂けるとのこと。

 

あなたの計画・戦略が加速する!?

事業所が今よりもっと人を惹きつけられるようになるかもしれない経営・研修委員会の8月例会、

 

企業の心が人を集める!

松阪商工会議所 1F 大ホール

2018年8月17日(金)

19:00~21:00(18:30受付開始)

【講師】
株式会社スカイシーズ
代表取締役社長 井口 達史氏

※松阪YEG会員のみの参加となります

 

みなさん奮ってご参加ください!

 

三重県連ゴルフ大会

こんにちは!総務・広報委員会です!

7月19日(木)に三重県商工会議所青年部連合会親睦ゴルフが四日市カンツリー倶楽部にて開催されました。

 

松阪YEGからは総勢13名(現役12名、OB1名)の皆様に参加していただきました。

当日は30度を超える猛暑の中でのプレーだったので暑さとの戦いでしたが、全員無事にラウンドを終えることができました。

 

 

 

7月例会 報告

郷土愛育成委員会です。

7月18日(水)に郷土愛育成委員会が中心となり青年部7月例会を開催いたしました。

 

 

本例会では「目指せ、グローカル!~いま取り戻すべき、郷土愛~」をテーマに東條英利事務所代表の東條英利氏をお招きし、公開例会という形でご講演いただきました。

 

今回テーマの「グローカル」とは国際的(グローバル)な視点を持ちつつ、地域(ローカル)に根差した考えを持つことを表す造語です。

東條講師には急速に進むグローバル化社会に対応し、私たちの郷土・松阪が発展していくために大切なことは何かを教えていただきました。

 

 

特に現在欧州各国で起きている文明的危機の事例を映像やパワーポイントを用いてわかりやすく説明していただきました。

ヨーロッパ各国では経済的な理由から広まった移民の受け入れにより多様化が進み、固有文化の喪失や、イスラム化による治安の悪化といった深刻な問題が現実に起こっており、数十年先にはヨーロッパの半数以上がキリスト教からイスラム教の文化圏になってしまうと言われています。

このことは日本においても同じようなことが言え、こうした文化的危機から目を背けずに私たちが日本人として、地域人として、一人一人が誇りや自覚、郷土への愛情や理解を持つことが大切であると学びました。

 

 

今例会で地域のために、社会のために、私たち一人一人に何ができるかを真剣に考えるきっかけになったはずです。

そして今例会で学んだことを、「今だけ」と思うのではなく、まさに「グローカル」な視野を広げ、それぞれのぶれない軸(アイデンティティ)をしっかりと持つことを「これから」の社会で役立てて頂けたら幸いです。

 

ご多忙の中、ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。