松阪YEG設立30周年記念式典&講演会(12月例会)が開催されました

12月1日、本年度の一大事業である松阪YEG設立30周年記念式典&講演会(12月例会)が開催されました。

まずもって、コロナ禍の中、ご参加いただきましたご来賓、並びにOB会員の先輩方誠にありがとうございました。

さて、例年に比べ格段にイロイロなことがやりづらい本年度、リハーサルを何度も重ねやっとの思いで当日を迎えることができました。

当日は、もうすでに生活の一部となり始めた検温・消毒・換気・マスク等のコロナウィルス感染症対策を完璧にし、万全の態勢を整え、どうしても現地参加は難しい方々のためにオンライン中継も用意し、ハイブリッド型での開催となりました。

まずは、記念式典の様子です。

例会とはまた違った粛々とした雰囲気で開催されました。
設営・運営担当の地域委員会さんお疲れさまでした。

続きまして、講演会の様子です。

記念講演会は12月例会も兼ね経営委員会さんの担当でした。
講師は、東京商工会議所初代会頭渋沢栄一の玄孫である渋澤健氏。
『「論語と算盤」に学ぶ!~繁栄し続ける会社と企業経営~』というテーマでのご講演でした。

講演では『と』の大切さを学びました。

一見すると『と』は「論語(道徳)『と』算盤(利潤)」のように矛盾を生み出すようにみえますが、A『と』Bを組み合わせることによって新たな可能性を見出すことのできる『と』の部分こそ大事である。そして『と』は日本人がもともと持っているものであり、「論語と算盤」のエッセンスであるとご講演頂きました。

講演会(12月例会)開催にあたり講師との打ち合わせを含め、たくさん準備をしていただいた経営委員会さんお疲れ様でた。
そして、式典から講演会と設営並びに放送機器関係を一手に担って頂いた交流委員会さんご苦労様でした。

我が総務・広報委員会はここからが本番!記念誌作成に向けて絶賛活動中です。順調にいけば4月にお渡しできると思いますのでもう少しお待ちください。

12月例会も終わり、2020年度も残り少しとなりました。
コロナウィルスに負けずに頑張っていきましょう!!

松阪商工会議所青年部設立30周年記念事業のお礼コメント

12月1日(火)に開催された松阪商工会議所青年部設立30周年記念式典及び講演会。

会長・実行委員長から皆様へのお礼コメントを掲載いたします。

【会長コメント】
 松阪YEG設立30周年事業の開催にあたり、ご参加いただきました御来賓、OB・OGの先輩の皆様、そして、企画時から尽力された現役メンバーの皆様、関わっていただきました全ての皆様に心から御礼を申し上げます。
 今後も我々松阪YEGは、10年、20年その先を見据え、事業所、地域に必要とされる団体を目指し、活動をしてまいりますので、皆様方の変わらぬご支援とご協力をお願い申し上げます。

【実行委員長コメント】
松阪YEG30周年記念式典を執り行う事が出来、現地、オンラインでご参加頂きました皆様に心より御礼申し上げます。
そして何より、当初より二転三転して行く中、沢山の時間を割いて企画運営頂きました現役メンバーの皆様にも感謝致します。
これから5年後、10年後と更なる発展に繋げていきたいと思います。
松阪YEGに携わってます全ての方に、心より感謝申し上げます。

 

 

当日レポートは後日アップさせていただきます。