本文へスキップ

松阪商工会議所青年部は、青年経済人として能力向上・人格形成を目指し地域商工業の発展に寄与することを目的とします。

電話でのお問い合わせは0598-51-7811

〒515-0014 三重県松阪市若葉町161-2

2018年度 松阪商工会議所青年部 会長所信

会長 宇野 雄介

会長 宇野 雄介

 「青春とは人生のある期間のことではなく心のあり方のことをいう。若くあるためには、強い意志力と優れた創造力と激しい情熱が必要であり、小心さを圧倒する勇気と安易を振り捨てる冒険への希求がなければならない。人は歳月を重ねたから老いるのではない。理想を失うときに老いるのである。」アメリカの実業家・詩人であるサミュエル・ウルマンの‘ YOUTH(青春)’の一節です。「YEG」 (若き企業家集団)を改めて考えるにあたり、私の中で強く繋がる言葉であります。

 1990年 10月に情報交換の場、自己研鑚、相互研鑚の場として松阪 YEGは設立されました。28年目を迎える松阪 YEGは、先輩諸兄が築いてきた歴史・基盤を更に成熟させ未来へと繋いでいかなければなりません。
 現在、我々中小企業をとりまく経営環境は、超低金利状態や人口減少に伴う少子高齢化、生産人口の減少による人手不足など「未体験の時代」とも言われ、企業倒産数の減少や失業率の低下など景気が良くなっている現象も見受けられる一方で、経済成長率は 1%程度という異常な状況下にあります。他方、国際情勢は北朝鮮問題、米国の TPP離脱などこちらも先行きが見えない状況であります。
 このような「未体験の時代」、前例が通用しない、己の常識が通用しない時代に我々が為すべきことは変化を恐れず行動することであり、行動し続けるからこそ変化に対応できるものと考えます。未経験のことに対して何らかの言い訳をし、「どうせできない」「無理」「やったことない」ということを繰り返して諦めることはできません。可能性が無ければ明るい未来はありません。「まずはやってみる」の精神で行動すること、行動することは経験を積むこととし活動してまいります。失敗は成功のもととは言葉では言いますが、我々は失敗を学ぶのではなく失敗から学ぶのであり、さらに言えば何が何でもやるのだ、という意気込みでやること、やり続けることで成功という結果を手にできるのだということを確信して進んでまいります。

熱意と創意と誠意
 こうした行動は、熱意と創意と誠意を伴うことでさらに活きるものと私は信じております。
 熱意とは、物事に対する意気込み、熱心な気持ちであり、かの松下幸之助も熱意がなきゃはじまらん、というほど熱意は経営者の資質として大切なものであります。また、熱意は外に出すことで相手に伝わり、組織に伝わり、最終的に自身に返ってくることで、さらに自分を強く成長させるものであると考えます。熱意を企業家の資質として捉え、熱意を育む事業、また伝える事業を積極的に取り組んでまいります。
 創意とは新しい発想や独創的な考えであります。「未体験の時代」とも言われる先行きの不透明な状況では、過去の成功体験や実績が通じない場合があります。よって、我々は常に新しい情報や技術を入手し、組織や事業に応じて必要とするものを取捨選択していかなければなりません。時代を見据え、最先端の情報、技術が我々にどんな影響を与えるのか実感し、創意を育む事業に取り組んでまいります。
 誠意とは私利私欲を離れて正直に事にあたる心であり、いわゆる真心であります。何事も誠意を持って対峙する、様々な企業が経営理念、社訓に取り入れておりますが、形として見えにくいものであります。だからこそ誠意ある行動、対応によって我々は動き、感動するものと考えます。
 熱意、創意、誠意に支えられた行動は、必ずや松阪の発展、組織の成長、メンバーの成長、ひいては個人の成長、事業所の成長に寄与するものと確信しております。

 この度会長という大役を拝命するにあたり、私が感じ、考えたことは、支えて頂いているということであります。この与えられた大役を全うするために、私が為すべきことはメンバーが自律的、主体的に行動する組織とすること、そうした行動の機会や仕組みを作り上げる、ということであります。そのためには、フォロワーシップの精神が必要であります。フォロワーシップはリーダーの指示を待ちそれに従うのではなく、自らが考え判断して行動する力であります。また、フォロワーシップは役職が制限するものではありません。リーダーがフォロワーに回る、フォロワーがリーダーとして振る舞いリーダーシップを発揮するなど、個々が主体的に考え行動する力であります。YEGの場が自らの成長の場、メンバーの成長の場となるようフォロワーシップを私自身も含めて皆で発揮し、地域、組織、事業所が更なる発展ができるよう取り組んでまいります。

 鐘は打つほどに響く。鐘は強く打てば大きく響くが、弱く打てば小さくしか響かない。まず私自身が皆に大きく響くよう、そして皆からも私自身を強く響かせてもらえるように、本年度、『フォロワーシップ YEG!.まずはやってみよう!.』をスローガンに、豊かな郷土づくりに貢献すべく失敗を恐れず、行動とフォロワーシップを両輪に邁進してまいります。


2018年度 活動方針

・東海ブロック親睦交流会の企画・運営
・各事業への出席率向上と会員の拡充・意識の向上
・対外事業への積極的参加
・松阪YEGのブランド力の向上
・対内外的な情報の充実と受発信
・人間的魅力の向上
・経営力向上の為の研究と研修
・最先端情報・技術に関する研究と研修
・松阪と青年部と事業所を考え、郷土愛を育成する事業
・会員相互および OB・他単会・諸団体・地域との交流


エンジェルタッチログイン

ユーザー名

パスワード

サブネーム


パスワードをお忘れの方