2021年度
松阪商工会議所
青年部 
委員会組織


つなぐ力強化委員会

心のコミュニケーションでつながり強化!

相馬佳代

委員長 相馬 佳代

事業所 / イロデザイン(代表)
所在地/ 〒515-2122 三重県松阪市久米町1061 ルミエール三雲203
年齢/ 43歳(2021.04.01 現在)

価値観の多様化、デジタルコミュニケーションツールの普及により、改めて「コミュニケーションのカタチ」に関心が向けられています。 その様な時代の中で、「絆」を深めより良い人間関係を構築することこそが一人一人の成長につながると考えます。
「つなぐ力強化委員会」では、言葉を超え、心に意識を傾けるコミュニケーションがはかれるよう、活動をしてまいります。
小さな変化に気づき、積極的に声を掛け合い、助け合い、悲しみや苦しみは分かち合い、そして喜びは倍に感じることができるチームを目指し、絆を強化いたします。  そして、この心のコミュニケーションでつながる強い絆を委員会だけでなく、松阪YEG、さらには地域へと広げられるよう、全力で取り組んでまいります。
皆様のご支援、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

副委員長:刀根 研人・野島 篤
メンバー:青木 秀人・東 友季子・阿部 広子・大橋 伸彦・北山 晋也・駒田 泰士・阪井 純子・瀬古 浩孝・高野 翔太・高橋 優介・中西 彰・西井 大介・松永 知也・村田 賢司・吉岡 誠・渡邊 孝治


地域の未来を考える委員会

挑戦〜未来へつなげよう〜

植松祐介

委員長 植松 佑介

事業所 / 一縁(代表)
所在地/ 〒515-0056 三重県松阪市宝塚町116-14
年齢/ 34歳(2021.04.01 現在)

松阪市の未来を考えるには、まず、松阪市の暮らしのことを様々な角度からみつめることが必要だと思います。多くの人の暮らしの中身は、大きく、働くこととそれ以外に分けることができます。私は、その両方を国や県の水準、他地域との比較の中で、良い点も、悪い点も含め、理解することから始めたいと思います。理解することができれば、課題が見つかり未来への入り口に立つことができます。
ただし、それらは、一部の人が理解するだけでは不充分で、実際に未来に進んでいくことは難しいと思います。そこで、少しでも多くのいろいろな世代の市民と共有して、明るい未来に駆け出すパワーを大きくすべきと思います。
私は、委員長になることが決まったとき、全力で挑戦しようと決意しました。是非とも、皆様のご協力を頂きたいです。よろしくお願い申しあげます。

副委員長:高橋 司・西川 学
メンバー:伊藤 勝彦・大石豊比呂・北森 大貴・粂谷 尚貴・橘 大介・田畑 守哉・土屋 恭典・長谷川 直孝・濱口 武之・廣路 理絵・福井 勧・前川 浩一・松枝 優也・村田 真実子・森川 潤


地域の未来を考える委員会

挑戦〜未来へつなげよう〜

森島大吾

委員長 森島 大吾

事業所 / 一縁(代表)
所在地/ 〒515-0056 三重県松阪市宝塚町116-14
年齢/ 34歳(2021.04.01 現在)

松阪市の未来を考えるには、まず、松阪市の暮らしのことを様々な角度からみつめることが必要だと思います。多くの人の暮らしの中身は、大きく、働くこととそれ以外に分けることができます。私は、その両方を国や県の水準、他地域との比較の中で、良い点も、悪い点も含め、理解することから始めたいと思います。理解することができれば、課題が見つかり未来への入り口に立つことができます。
ただし、それらは、一部の人が理解するだけでは不充分で、実際に未来に進んでいくことは難しいと思います。そこで、少しでも多くのいろいろな世代の市民と共有して、明るい未来に駆け出すパワーを大きくすべきと思います。
私は、委員長になることが決まったとき、全力で挑戦しようと決意しました。是非とも、皆様のご協力を頂きたいです。よろしくお願い申しあげます。

副委員長:高橋 司・西川 学
メンバー:伊藤 勝彦・大石豊比呂・北森 大貴・粂谷 尚貴・橘 大介・田畑 守哉・土屋 恭典・長谷川 直孝・濱口 武之・廣路 理絵・福井 勧・前川 浩一・松枝 優也・村田 真実子・森川 潤


ダイバーシティ経営推進委員会

“未知への挑戦”
〜ダイバーシティをYEGから広めよう〜

深田龍

委員長 深田 龍

事業所 / 有限会社深田石油
所在地/ 〒515-1106 三重県松阪市辻原町1037
年齢/ 41歳(2021.04.01 現在)

人口構造の変化による経済社会への影響を考えた時に、生産労働人口が減少していくことに危機感を持って、我々青年経済人はこの現象を直視しなければいけません。減りゆく働き手世代の生産力を補うには、これまでになかった発想と挑戦が必要になってきます。ダイバーシティというと外国人、障がい者、女性の社会参画などが代表的な例として挙げられますが、大切なのは新たな視点を取り入れながら物事を考え、つくり動かすことです。
ダイバーシティ経営推進委員会では、言葉の如く「多様性」をテーマに、これからの時代に順応し、生き抜くための考え方として大きく2つの事業に取り組みます。ひとつは社会状況を踏まえたダイバーシティの必要性を基礎知識として学ぶ事業、もうひとつは多様性を受け入れて実践していくために必要な知識を応用編として事業を展開していきます。「多様性」を学び、これまで以上に多様な考え方を持つ人と企業となり、多様な力を効率・効果的に運用することで、新たな変革が生まれ、変化速度と変化量に富むこれからの社会に対応していくことができます。
松阪商工会議所青年部が発足してから30年もの月日の中で絶え間なく続いている地域への貢献を、これまで以上のものとすべく本委員会の活動を行って参ります。
皆様のご理解・ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

副委員長:高山 圭介・中川 浩伸
メンバー:青山 夕紀・浅沼 和宏・池田 政稔・大喜多 健吾・奥出 あゆみ・北川 雄一郎・幸治 正典・辻橋 英延・中山 慶太・南家 剛・西井 真史・星野 悠・森 洋行・森本 潤一


総務・ブランディング委員会

NO YEG、NO LIFE

高橋俊一

委員長 髙橋 俊一

事業所 / 株式会社レアルジャパン(取締役統括部長)
所在地/ 〒515-0078 三重県松阪市春日町3-176-34
年齢/ 39歳(2021.04.01 現在)

昨今、新型コロナウィルスの影響により行動が制限され、会社通勤、会食、人への接触など、今まで当たり前に行っていたことが出来ない世の中になりました。それに伴い経営難に陥る企業が増え、また、人との接触が減ることにより仲間同士のコミュニケーションが無くなりつつあります。しかしこんな時代だからこそ、皆で助け合い松阪を盛り上げていかなければならないと思います。その為に我々委員会は、コミュニケーションを深めるイベントを企画し、情報収集の場を作り、情報共有や企業同士のコラボレーションなどを行い活性化させ、そして、メンバー自らがYEGの良さを発信できるようにすることでブランディングを強化していきます。
今年度、総務・ブランディング委員会では、『レジリエントYEG!〜常若の組織を目指して〜』の下、委員会・例会などを積極的に参加したくなる仕組み作りに励み柔軟な発想力を培っていく委員会活動をしていきます。
皆様のご支援、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

副委員長:家木 崇・森本 大輝
メンバー:安達 由佳・伊藤 江里・岡 一世・高瀬 健一・土上 満衣子・中川 朋則・中西 久剛・中藪 翔平・橋本 妃里・藤原 将志・堀江 正剛・松葉 准尚・松本 瑞月・米川 直秀


デジタル活用促進委員会

ビジネスエボリューション(事業の進化)

市野慎也

委員長 市野 槙也

事業所 / 有限会社岡井博進堂
所在地/ 〒515-0001 三重県松阪市垣鼻町749-5
年齢/ 31歳(2021.04.01 現在)

日々進化しているデジタル社会においても、以前では「テレワークは都会の話。」「自社のデジタル化はまだまだ未来の話。」と安心していた事業所は少なくないと思います。しかし、昨年の新型コロナウィルスによるパンデミック、そして今も尚続く感染拡大の脅威に事業所は、「ニューノーマル(新常態)」に順応する事が必要不可欠だと思い知らされました。
当委員会では社外業務や社内業務をどのようにデジタル化し、生産性を高めるのかをリアルに学ぶ事で、我々の限られた時間を最大限に増やす術を身につけます。デジタル社会では「距離」「時間」「人材」全ての概念が変化してきています。限られた時間を増やす事で、個人や事業所の価値向上、個性を磨きライフワークの豊かさを高めます。
まだまだデジタル活用に苦手意識を持つ事業所もあるかもしれませんが、初めて自転車を乗れるようになった時の喜びと同様に、苦手意識を払拭しチャレンジすることで、「事業の進化」の新たな可能性を見出せると考えます。それが会員ひとりひとりのデジタル活用に対する実戦力を高め、さらなる経営力向上と共に永続経営の一助になると考えます。
皆様のご支援、ご協力を宜しくお願いします。

副委員長:中西 孝之・溝田 龍之助
メンバー:青山 洋己・伊藤 一美・沖中 健人・加藤 泰希・下里 渉・鈴木 拓哉・竹本 匡博・立岡 栄人・田俣 晃司・中居 龍也・人見 誠・松本 幸久・村林 大輔・山田 能之